mytips.exblog.jp ブログトップ

AWSにFreeBSDをセットアップ
まだ初期段階だが、ここまでのメモ
-------------------
S3に必要な

1、S3にbucketを作成
2、アクセスキーID : 16xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxG2
3、シークレットアクセスキー:aMZxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxGiXl

これを設定
S3Fox(Firefoxプラグイン)でストレージを操作する)

OSXにec2を操作するコマンド関係をセットアップ
ec2-api-toolsというAmazon提供のツール群

コマンドにPathを通すため
.bash_profileを編集

vi ~/.bash_profile
----------------------
export JAVA_HOME=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Home
export EC2_HOME=/usr/local/ec2-api-tools
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$EC2_HOME/bin:$PATH
export EC2_CERT=/usr/local/ec2-api-tools/cert-HQxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.pem
export EC2_PRIVATE_KEY=/usr/local/ec2-api-tools/pk-myKeyPair.pem
-----------------------
JAVA_HOMEは、OSX独自。Linix系は /usr/bin/javaとかか。

-----------------------
AWS Management Consoleからインスタンス(FreeBSD)を起動
key pairが必要なのでダウンロードしておく。(ここでは「0806keypair.pem」という名前でローカルにダウンロードした)
権限変更
chmod 400 0806keypair.pem

AWS Management Consoleの「Instance Actions」からConnectを選択し、ターミナルからのSSHコマンド例を参照。以下のようなコマンドでログイン。

ssh -i 0806keypair.pem root@ec2-XXX-XXX-XXX-XXX.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

ログインしたら早速rootのパスワードを変えておこう
passwd root

この状態ではFreeBSDは、スッカラカン状態なので
sysinstall
で基本的なFTPなどセットアップする。


csvupを使って、Portsをセットアップ
/usr/local/bin/cvsup -L 2 -h cvsup2.jp.FreeBSD.org /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile



------------------------
bashがないので、portsでインストール
cd /usr/ports/shells/bash
make
make install
[PR]
by sato025 | 2011-08-07 22:48 | EC2
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();