mytips.exblog.jp ブログトップ

MySQL cache "query_cache_size" の設定
通常キャッシュは使える状態にセットアップされているが(デフォルトでは割当メモリが0に設定され利用していない状態)

show variables like 'qu%';
で、query_cache_sizeの状態が確認できる

query_cache_size
が0になっていれば利用していない

mysql のconfigで設定する

vi /usr/local/etc/my.cnf
これに
query_cache_sizeを検索して

query_cache_size=4M
こんな風に追加してmysqlをリスタート
(4Mはかなり少ない設定だが、おおけりゃ良いってモノでもない)

他関連コマンド
SHOW variables LIKE '%cache%';
SHOW STATUS LIKE '%qca%';

-----------------------
設定変更してしばらく様子をみると、かなり改善が確認できた。
まず、利用時間が長くなると、mysqlが確保するメモリ容量が増大する傾向にあったが、これがなくなっている気がする
また Aborted_connects が多発していたが、皆無になったようだ。
本来最初に設定すべき項目かもしれない。
[PR]
by sato025 | 2007-11-08 01:16
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();