mytips.exblog.jp ブログトップ

相関係数メモ
2つの変数を比較し、関連性(相関性)の強さを数値でえることができる。
=相関係数の値を比較して、影響度の大きい変数を調べることができる。

※統計、確立の計算は、実際に用いる方法や考え方でいかようにも説明できるので、あくまで比較の材料として一定の根拠に元ずく式として理解しておくほうがいい。かな。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%95%B0


エクセルに関数として入っているので、簡単に利用できます。
CORREL
CORREL(配列A,配列B)
例えば、CORREL(G5:G33,D5:D33)

Aの増加に伴って、Bも増加する場合には、プラスの数値がでます。
逆の関係がある場合には、マイナスの数値がでます。

結果(相関係数)は、 0を中心に +1 ~-1の間になります。(どんな単位の変数を与えてもこの範囲の数字に収まるのがスゴイ)
+1 も -1 も、どちらでも1に近づくほど関連性が強いことを示します。
[PR]
by sato025 | 2008-02-06 10:58
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();