mytips.exblog.jp ブログトップ

素のFreeBSDからインストール作業
FreeBSD 6.3-release-p4を作業用として用意してもらったが、まったく環境が整ってないので、そのメモ。

■まずパッケージのインストールを試みる
su root
sysinstall
packageをインストールするには『Configure』-『Packages』-『FTP』を選択し、packageを取りにいくサーバーを選択します。
バイナリパッケージなので、利用しているFreeBSDをバージョンリリースと合わない場合に見つからないのメッセージが出てまったく使い物にならない。

■ pkg_add コマンドで ports環境構築を試みる
pkg_add -r cvsup-without-gui
GUIなし


パスが通ってないかもしれないので、
ルートからfind
cd /
find ./ -name "cvsup"

/usr/local/bin/cvsup -L 2 -h cvsup2.jp.FreeBSD.org /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile
日本のホスト:cvsup2.jp.FreeBSD.orgを指定してダウンロード
※ cvsupの設定ファイル、examplesを任意の場所にコピーしファイルに接続先ホストを直接編集して書き込む方法を紹介するサイトが多いが
-h でホストをコマンドから指定することもできる
ディレクトリは、上記コマンドで/usr/portsになる

★これでportが使える環境になった。

cd /usr/ports/なにか/なにか
へ下って
make
make install
[PR]
by sato025 | 2008-10-10 16:29 | FreeBSD
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();