mytips.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Mac & Setup( 39 )
AirMacの「予期せぬエラーが発生しました。やり直してください。」のエラー解消
以前からAirMac Time Capsuleでベースステーションが認識しない(ネットにはつながる)状態が続いていたが、新しいAirMac Time Capsuleの購入を機に、再度解消にドハマりしながら、やっと原因が判明。これは一種のバグでないか・・・?

通常、ほぼ全自動で接続されたネット環境を認識するはずだが、AirMacユーティリティを使ってもWi-Fi接続したベースステーションが見つかっているようだが、「予期せぬエラー」となる。
Ethernetケーブルで直接つないで、PPPoEの設定、Wi-Fi設定などするも、ケーブル接続を外すと、認識しない。(ただしネットにはつながる)
あれこれ調べた結果、ベースステーションの「IPv6の構成」を「リンクローカルのみ」と固定し、接続側(Mac)側も
システム環境設定 > Wi-Fi を選択し右下「詳細...」「TIP/IP」で「IPv6の設定」を「リンクローカルのみ」とする、「自動」もダメ。

どうも、自動で設定を進めるとIPv4の設定が優先され、IPv6設定が自動に設定変更されることでうまく見えない状態に陥っていた。
これはバグじゃないだろうか。

説明書の手順にしたがい新規でデバイス登録する際などでも「ネットワークに関する情報を収集中...」となったあと、「AirMac Time Capsuleに接続中」と変化があるものの、その後タイムアウトするようにエラーで終了してしまう。
初期状態から、またはEthernetで設定をしていく場合でも、最後Wi-Fi接続をした場合、システム環境設定から設定される端末側のIPv6設定が「自動」などに勝手に変わらないようにしないと、ベースステーションを見失うようです。
(自動設定や、「アシスタント」を使って設定していくと、環境設定のIPv6が勝手に自動に変更されていきます。変わったらすかさず「リンクローカルのみ」に設定し、「OK」を押下し「適用」も忘れずに押下して反映する)

将来ISP側(ターミナル側)も本格的にIPv6対応した場合には、正常に機能するだろうけど、いまの半端な状態だからか、このエラーは通常操作では解消できなそうです。

そのものズバリの解消方法が、Appleのページなありますが、原因が分からないとWeb検索の検索キーワードでヒットしないよ、、
http://support.apple.com/kb/TS4597?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP
[PR]
by sato025 | 2014-03-15 23:58 | Mac & Setup
オフィスのMac : Macportsの今の状態
port installed
The following ports are currently installed:
apache2 @2.2.9_1+darwin_9
apache2 @2.2.11_0+darwin_9 (active)
apr @1.3.2_0+darwin_9
apr @1.3.8_0 (active)
apr-util @1.3.2_0
apr-util @1.3.9_0 (active)
aspell @0.60.6_1+macosx
aspell @0.60.6_2+macosx (active)
autoconf @2.62_0
autoconf @2.64_2 (active)
autoconf213 @2.13_1 (active)
automake @1.10.1_0
automake @1.11_0 (active)
bison @2.4.1_0 (active)
bzip2 @1.0.5_1
bzip2 @1.0.5_2 (active)
cairo @1.8.4_0+macosx
cairo @1.8.8_0+macosx (active)
curl @7.19.0_0
curl @7.19.6_0 (active)
db46 @4.6.21_1
db46 @4.6.21_5 (active)
expat @2.0.1_0 (active)
fontconfig @2.6.0_0+macosx
fontconfig @2.7.1_0+macosx (active)
freetype @2.3.7_1
freetype @2.3.9_0+macosx (active)
gawk @3.1.6_0
gawk @3.1.7_0 (active)
gd2 @2.0.35_1
gd2 @2.0.35_5 (active)
geos @3.1.0_0 (active)
gettext @0.17_3
gettext @0.17_4 (active)
ghostscript @8.63_0
ghostscript @8.64_3 (active)
gmake @3.81_0 (active)
gperf @3.0.3_0
gperf @3.0.4_0 (active)
gsed @4.2.1_0 (active)
help2man @1.36.4_1 (active)
ImageMagick @6.4.5-7_0+q16
ImageMagick @6.5.4-9_0+q16 (active)
jasper @1.900.1_1+darwin_9
jasper @1.900.1_4 (active)
jbigkit @1.6_0
jbigkit @2.0_0 (active)
jpeg @6b_2
jpeg @6b_3 (active)
lcms @1.17_0
lcms @1.18a_0 (active)
libiconv @1.12_0
libiconv @1.13_0 (active)
libmcrypt @2.5.8_0
libmcrypt @2.5.8_1 (active)
libpixman @0.12.0_1
libpixman @0.14.0_0 (active)
libpng @1.2.31_0
libpng @1.2.38_0 (active)
libtool @1.5.26_0
libtool @2.2.6a_0 (active)
libxml2 @2.6.32_1
libxml2 @2.7.3_0 (active)
libxslt @1.1.23_1
libxslt @1.1.24_2 (active)
lzmautils @4.32.7_0
lzmautils @4.32.7_1 (active)
m4 @1.4.11_0
m4 @1.4.13_0 (active)
mediawiki @1.12.0_0
mediawiki @1.15.1_1 (active)
mhash @0.9.9_0
mhash @0.9.9.9_0 (active)
mod_perl2 @2.0.3_0
mod_perl2 @2.0.4_0
mysql5 @5.0.67_0
mysql5 @5.0.67_0+server
mysql5 @5.0.84_0+server (active)
ncurses @5.6_0
ncurses @5.7_0 (active)
ncursesw @5.6_1
ncursesw @5.7_0 (active)
openssl @0.9.8h_0
openssl @0.9.8k_0 (active)
ossp-uuid @1.6.2_0 (active)
p5-locale-gettext @1.05_0 (active)
pcre @7.7_0
pcre @7.9_0 (active)
perl5.8 @5.8.8_3+darwin_9
perl5.8 @5.8.9_3 (active)
php5 @5.2.6_1+apache2+darwin_7+macosx+mysql5+pear
php5 @5.2.6_1+apache2+macosx+mysql5+pear
php5 @5.3.0_1+apache2+darwin_7+macosx+mysql5+pear+postgresql82 (active)
php5-zlib @5.3.0_0 (active)
pkgconfig @0.23_0
pkgconfig @0.23_1 (active)
postgis @1.3.3_1+postgresql82 (active)
postgresql82 @8.2.13_0 (active)
postgresql83 @8.3.7_0
proj @4.6.1_1 (active)
readline @5.2.012_1
readline @6.0.000_1 (active)
render @0.9.2_0 (active)
sqlite3 @3.6.2_0
sqlite3 @3.6.17_0 (active)
texinfo @4.13_0 (active)
tiff @3.8.2_2+darwin_9+macosx
tiff @3.8.2_3+macosx (active)
xorg-bigreqsproto @1.0.2_0 (active)
xorg-inputproto @1.5.1_0 (active)
xorg-kbproto @1.0.3_0 (active)
xorg-libice @1.0.5_1 (active)
xorg-libsm @1.1.1_0 (active)
xorg-libX11 @1.2.2_0 (active)
xorg-libXau @1.0.4_1 (active)
xorg-libXdmcp @1.0.2_1 (active)
xorg-libXext @1.0.99.4_1 (active)
xorg-libXt @1.0.6_0 (active)
xorg-renderproto @0.9.3_0
xorg-renderproto @0.11_0 (active)
xorg-util-macros @1.2.2_0 (active)
xorg-xcmiscproto @1.1.2_0 (active)
xorg-xextproto @7.1.0_0 (active)
xorg-xf86bigfontproto @1.1.2_0 (active)
xorg-xproto @7.0.15_0 (active)
xorg-xtrans @1.2.4_0 (active)
xpm @3.5.7_1 (active)
xrender @0.9.0_3
xrender @0.9.4_6 (active)
zlib @1.2.3_1
zlib @1.2.3_2 (active)

-----------------------------------------------------------------------------
port outdated
The following installed ports are outdated:
apache2 2.2.11_0 < 2.2.17_0
apr 1.3.8_0 < 1.4.2_1
apr-util 1.3.9_0 < 1.3.9_2
aspell 0.60.6_2 < 0.60.6_4
autoconf 2.64_2 < 2.68_1
automake 1.11_0 < 1.11.1_0
bison 2.4.1_0 < 2.4.3_0
bzip2 1.0.5_2 < 1.0.6_0
cairo 1.8.8_0 < 1.10.0_1
curl 7.19.6_0 < 7.21.2_2
db46 4.6.21_5 < 4.6.21_6
expat 2.0.1_0 < 2.0.1_1
fontconfig 2.7.1_0 < 2.8.0_0
freetype 2.3.9_0 < 2.4.4_0
gawk 3.1.7_0 < 3.1.8_1
gd2 2.0.35_5 < 2.0.35_8
geos 3.1.0_0 < 3.2.2_0
gettext 0.17_4 < 0.18.1.1_2
ghostscript 8.64_3 < 9.00_4
gmake 3.81_0 < 3.82_0
gsed 4.2.1_0 < 4.2.1_1
help2man 1.36.4_1 < 1.38.2_0
ImageMagick 6.5.4-9_0 < 6.6.6-3_0
jasper 1.900.1_4 < 1.900.1_7
jbigkit 2.0_0 < 2.0_1
jpeg 6b_3 < 8b_0
lcms 1.18a_0 < 1.19_2
libiconv 1.13_0 < 1.13.1_0
libpixman 0.14.0_0 < 0.20.0_0
libpng 1.2.38_0 < 1.2.44_0
libtool 2.2.6a_0 < 2.4_0
libxml2 2.7.3_0 < 2.7.8_0
libxslt 1.1.24_2 < 1.1.26_0
m4 1.4.13_0 < 1.4.15_2
mediawiki 1.15.1_1 < 1.16.0_2
mysql5 5.0.84_0 < 5.1.53_0
ncurses 5.7_0 < 5.7_1
ncursesw 5.7_0 < 5.7_1
openssl 0.9.8k_0 < 1.0.0c_0
p5-locale-gettext 1.05_0 < 1.05_3
pcre 7.9_0 < 8.10_0
php5 5.3.0_1 < 5.3.4_0
php5-zlib 5.3.0_0 < 5.3.0_1
pkgconfig 0.23_1 < 0.25_1
postgis 1.3.3_1 < 1.5.2_1
postgresql82 8.2.13_0 < 8.2.18_0
proj 4.6.1_1 < 4.7.0_0
readline 6.0.000_1 < 6.1.002_0
sqlite3 3.6.17_0 < 3.7.3_0
texinfo 4.13_0 < 4.13_2
tiff 3.8.2_3 < 3.9.4_0
xorg-bigreqsproto 1.0.2_0 < 1.1.1_0
xorg-inputproto 1.5.1_0 < 2.0.1_0
xorg-kbproto 1.0.3_0 < 1.0.5_0
xorg-libice 1.0.5_1 < 1.0.7_0
xorg-libsm 1.1.1_0 < 1.2.0_0
xorg-libX11 1.2.2_0 < 1.4.0_1
xorg-libXau 1.0.4_1 < 1.0.6_0
xorg-libXdmcp 1.0.2_1 < 1.1.0_0
xorg-libXext 1.0.99.4_1 < 1.2.0_0
xorg-libXt 1.0.6_0 < 1.0.9_0
xorg-renderproto 0.11_0 < 0.11.1_0
xorg-util-macros 1.2.2_0 < 1.11.0_0
xorg-xcmiscproto 1.1.2_0 < 1.2.1_0
xorg-xextproto 7.1.0_0 < 7.1.2_0
xorg-xf86bigfontproto 1.1.2_0 < 1.2.0_0
xorg-xproto 7.0.15_0 < 7.0.20_0
xorg-xtrans 1.2.4_0 < 1.2.6_0
xpm 3.5.7_1 < 3.5.9_0
xrender 0.9.4_6 < 0.9.6_0
zlib 1.2.3_2 < 1.2.5_0
[PR]
by sato025 | 2010-12-13 11:28 | Mac & Setup
iMac(2)、初期状態からセットアップ
dmgのMacPortsをインストール

パスを通す
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH


sudo port install php5 +apache2+darwin_7+maxosx+mysql5+pear
をしたいけど、mysql5でエラーになる
sudo port install mysql5
を単独で先にインストールし
sudo port install php5 +apache2+darwin_7+maxosx+mysql5+pear

portsでインストールしたapacheのbinにパスを通す
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:/opt/local/apache2/bin/:$PATH

php.iniを作る
sudo cp /opt/local/etc/php.ini-recommended /opt/local/etc/php.ini

httpd.confを作る
cp /opt/local/apache2/conf/httpd.conf.sample httpd.conf

httpd.confの最後に自分用のカスタマイズconfigを読み込む設定を追記
echo "Include conf/myIncludes/*.conf" >> httpd.conf

php5をアクティブに
sudo /opt/local/apache2/bin/apxs -a -e -n "php5" libphp5.so

phpのconfigサンプルをおれのconfigに追加
sudo cp /opt/local/apache2/conf/extras-conf/mod_php.conf /opt/local/apache2/conf/myIncludes/mod_php.conf
[PR]
by sato025 | 2008-09-04 17:37 | Mac & Setup
OSX最適化コマンド
最適化
update_prebinding -root /
sudo update_prebinding -root /

毎日メンテ
sh /etc/daily

毎週メンテ
sh /etc/weekly

毎月メンテ
sh /etc/monthly
[PR]
by sato025 | 2006-06-21 00:43 | Mac & Setup
OSXキーボードショートカット
http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=75459

起動


キー操作
説明


X キーを押しながら起動
Mac OS X から強制的に起動


Option-Command-Shift-Delete キーを押しながら起動
1 番目の起動ボリュームを飛ばして、別の起動ボリューム(CD または外部ハードディスクなど)を探す


C キーを押しながら起動
システムフォルダが入っている CD から起動する


N キーを押しながら起動
対応するネットワークサーバ (NetBoot) からの起動を試みる


R キーを押しながら起動
PowerBook 画面を強制的にリセット


T キーを押しながら起動
FireWire ターゲットディスクモードで起動する


Shift キーを押しながら起動
Safe Boot モードで起動し、一時的にログイン項目と必要不可欠ではないカーネル機能拡張ファイルを使用停止にする (Mac OS X 10.2 以降)


Command-V キーを押しながら起動
Verbose モードで起動する


Command-S キーを押しながら起動
シングルユーザモードで起動する




Finder ウインドウ

キーボードショートカット
説明


Command-W キー
ウインドウを閉じる


Option-Command-W キー
すべてのウインドウを閉じる


Command-右矢印キー
フォルダを開く(リスト表示)


Option-Command-右矢印キー
フォルダとそれに内包するサブフォルダを開く(リスト表示)



Command-左矢印キー
フォルダを閉じる(リスト表示)


Option-Command-上矢印キー
ペアレントフォルダ(現在のフォルダを含むフォルダ)を開いて、現在のウインドウを閉じる



 

メニューコマンド

キーボードショートカット
説明


Shift-Command-Q キー
アップルメニュー
     ログアウト


Shift-Option-Command-Q キー
アップルメニュー
     すぐにログアウト


Shift-Command-Delete キー
Finder Menu
     ゴミ箱を空にする


Option-Shift-Command-Delete キー
Finder メニュー
     警告なしでゴミ箱を空にする


Command-H キー
Finder メニュー
     Finder を隠す


Option-Command-H キー
Finder メニュー
     その他を隠す


Command-N キー
「ファイル」メニュー
     新規 Finder ウインドウ


Shift-Command-N キー
「ファイル」メニュー
     新規フォルダ


Command-O キー
「ファイル」メニュー
     開く


Command-S キー
「ファイル」メニュー
     保存する


Shift-Command-S キー
「ファイル」メニュー
     別名で保存する


Command-P キー
「ファイル」メニュー
     プリント


Command-W キー
「ファイル」メニュー
     ウインドウを閉じる


Option-Command-W キー
「ファイル」メニューBR>     すべてのウインドウを閉じる


Command-I キー
「ファイル」メニュー
     情報を見る


Option-Command-I キー
「ファイル」メニュー
     インスペクタを表示


Command-D キー
「ファイル」メニュー
     複製


Command-L キー
「ファイル」メニュー
     Make Alias


Command-R キー
「ファイル」メニュー
     オリジナルの表示


Command-T キー
「ファイル」メニュー
     お気に入りに追加


Command-Delete キー
「ファイル」メニュー
     ゴミ箱に移動する


Command-E キー
「ファイル」メニュー
     取り出し


Command-F キー
「ファイル」メニュー
     検索


Command-Z キー
「編集」メニュー
     取り消し


Command-X キー
「編集」メニュー
     カット


Command-C キー
「編集」メニュー
     コピー


Command-V キー
「編集」メニュー
     ペースト


Command-A キー
「編集」メニュー
     すべてを選択


Command-1 キー
「表示」メニュー
     アイコン表示


Command-2 キー
「表示」メニュー
     リスト表示


Command-3 キー
「表示」メニュー
     カラム表示


Command-B キー
「表示」メニュー
     ツールバーを隠す


Command-J キー
「表示」メニュー
     表示オプションを表示


Command-[ キー
「移動」メニュー
     戻る


Command - ] キー
「移動」メニュー
     進む


Shift-Command-C キー
「移動」メニュー
     コンピュータ


Shift-Command-Hキー
「移動」メニュー
     ホーム


Shift-Command-I キー
「移動」メニュー
     iDisk


Shift-Command-A キー
「移動」メニュー
     アプリケーション


Shift-Command-F キー
「移動」メニュー
     お気に入り


Shift-Command-G キー
「移動」メニュー
     フォルダへ移動


Command-K キー
「移動」メニュー
     サーバへ接続


Command-M キー
「ウインドウ」メニュー
     ウインドウをしまう


Option-Command-M キー
「ウインドウ」メニュー
     すべてのウインドウをしまう


Command-? キー
「ヘルプ」メニュー
     Mac ヘルプを開く



 


ユニバーサルアクセスおよび VoiceOver

キーボードショートカット
説明


Option-Command-8 キー
ズーム機能をオンにする


Option-Command-= (イコール) キー
拡大


Option-Command-- (マイナス) キー
縮小


Control-Option-Command-8 キー
黒字に白に切り替える


Control-F1 キー
「フルキーボードアクセス」をオンにする
「フルキーボードアクセス」をオンにすると、以下の表のキーの組み合わせを Finder で使用できます。


Control-F2 キー
フルキーボードアクセス
     「メニュー」を選択する


Control-F3 キー
フルキーボードアクセス
     「Dock」を選択する


Control-F4 キー
フルキーボードアクセス
     ウインドウ(アクティブ)またはその後にある次のウインドウを選択する


Control-F5 キー
フルキーボードアクセス
     ツールバーを選択する


Control-F6 キー
フルキーボードアクセス
     ユーティリティウインドウ(パレット)を選択する



 


「ユニバーサルアクセス」環境設定パネルを使って、「マウスキー」をオンにすることができます。「マウスキー」をオンにするとテンキーを使ってマウスポインタを動かすことができます。コンピュータにテンキーが付属していない場合は、ファンクションキーを使用します。




マウスキー

キー操作
説明


8 キー
上に移動する


2 キー
下に移動する


4 キー
左に移動する


6 キー
右に移動する


1、3、7、9 キー
斜に移動する


5 キー
マウスボタンをクリックする


0 キー
マウスボタンを押したままにする


. キー(キーボードのピリオド)
マウスボタンを放す(0 キーを押した後に使用する)



 





その他のコマンド

キー操作
説明


Option-Command-D キー
Dock を表示/隠す


Command-Tab キー
アプリケーションを切り替える


tab キー
次の項目を選択する


Command-上矢印キー
ひとつ上のディレクトリに移動する


Command-下矢印キー
ひとつ下のディレクトリに移動する


Page Up または Control-上矢印キー
1 ページ進む


Page Down または Control-下矢印キー
1 ページ戻る


Option キーを押しながらドラッグ
新しい場所にコピーする


Option-Command キーを押しながらドラッグ
新しい場所にエイリアスを作成する


Command キーを押しながらドラッグ
コピーしないで新しい場所に移動する


Shift-Command-C キー
アプリケーションでカラーパレットを表示する


Command-T キー
アプリケーションでフォントパレットを表示する


Command-Shift-3 キー
画面の画像を取り込む


Command-Shift-4 キー
選択範囲の画像を取り込む


Command-Shift-4 キーを押して、Control キーを押しながら選択
画面の画像を取り込んで、クリップボードに入れる


Command-Shift-4 キーを押して、スペースバーを押す
選択されているウインドウの画像を取り込む


Option-Command-esc キー
強制終了


Control-Eject キー
再起動、スリープ、システム終了ダイアログボックス


Control-Command-Eject キー
すべてのアプリケーションを終了して再起動


Option-Command-Eject キーまたは
Option-Command-パワーキー
スリープ


Command キーを押しながらウインドウのツールバーボタン(右上角)をクリック
ウインドウのツールバーで利用可能な表示を順番に表示する(Finder やアプリケーションウインドウの動作に依存)



[PR]
by sato025 | 2006-01-07 11:58 | Mac & Setup
chasen のインストール、詳細
OSXでのセットアップ
※なんにも考えないでセットアップしたら、
chasen: /usr/local/share/chasen/dic/ipadic/cforms.cha:9-21: no basic form
のようなエラーで動かない。


http://chasen.naist.jp/hiki/ChaSen/
ここから、最新版を落として解凍。
READMEや、PDFのマニュアルを読む。

「(システムに iconv がなければ) libiconv」
とあるので、OSXには含まれていないので、インストール

1)libiconvのインストール
cd /usr/local/src/
curl -O ftp://core.ring.gr.jp/pub/GNU/libiconv/libiconv-1.10.tar.gz
tar zxf libiconv-1.10.tar.gz
cd libiconv-1.10
./configure --with-libiconv=/usr/local
make
sudo make install



2)chasenのインストール
cd /usr/local/src/
curl -O http://chasen.aist-nara.ac.jp/stable/chasen/chasen-2.3.3.tar.gz
tar zxfv chasen-2.3.3.tar.gz
cd chasen-2.3.3
./configure --with-libiconv=yes
make
sudo make install


3)辞書を準備する
curl -O http://chasen.aist-nara.ac.jp/stable/ipadic/ipadic-2.6.3.tar.gz
tar vzxf ipadic-2.6.3.tar.gz
cd ipadic-2.6.3
./configure
make
sudo make install


4)辞書をchasenにセットアップする
ここ参考:http://pcweb.mycom.co.jp/column/yetanother/045/

まずは、3)の辞書をコピー
cd /usr/local/share/chasen/dic/ipadic(chasenの辞書のディレクトリに移動)
cp /usr/local/src/ipadic-2.6.3/*.dic . (ここへコピー)

*.dicと*.chaをUTF-8にnkfで変換が必要
下記シェルスクリプトをつくって、まとめて変換
----------------------
#!/bin/sh
for file in $*
do
if [ -f $file ]; then
nkf --utf8 $file > tmpfile
mv tmpfile $file
fi
done
exit
----------------------
conv_shell_scriptって名前にして、実行権限を付与して、実行。
./conv_shell_script *.dic
./conv_shell_script *.cha

辞書生成のコマンド実行(マニュアルにも載っています)
`chasen-config --mkchadic`/makemat -i w
sudo `chasen-config --mkchadic`/makeda -i w chadic *.dic
make install
最後に、設定ファイル/usr/local/etc/chasenrcもUTF-8に変換する。
# cd /usr/local/etc
# nkf --utf8 chasenrc > chasenrc.tmp
# mv chasenrc.tmp chasenrc

テストコマンド。
↓こんなの
echo "今回は「日本語」を扱う上で欠かせないツールを紹介しよう。" | chasen -i w

とか、UTF-8で保存したファイルを
chasen -i w chasen.test.txt
こんな感じ。
[PR]
by sato025 | 2005-08-18 00:51 | Mac & Setup
cvs.php.net の利用 (OSX)
ダウンロードしたいディレクトリにて

cvs -d:pserver:cvsread@cvs.php.net:/repository co pecl/namazu

パスワードが聞かれたときば「phpfi」だそうでう。

チェックアウト完了したディレクトリで

phpize
./configure --with-namazu
make
sudo make install

/usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20020429/
へインストールされた

sudo apachectl restart
[PR]
by sato025 | 2005-08-02 00:37 | Mac & Setup
OSX オンラインドキュメント man セットアップ
man: No such file or directory
Failed to open the message catalog man on the path NLSPATH=
といったエラー

ソースからインストールしたアプリケーションやユーティリティーを man コマンドでオンラインマニュアルを表示可能にするための設定

ここにOSXでのmanコマンドの設定があります。
/usr/share/misc/man.conf

たとえば
MANPATH /usr/share/man
MANPATH /usr/local/share/man
MANPATH /usr/X11R6/man
こんなことが書いてあるので

/usr/local/share/man/man1/
この辺にドキュメントをコピーします。

nkfのドキュメントを(sudoにて)
sudo cp nkf.1 /usr/local/share/man/man1/.
sudo cp nkf.1j /usr/local/share/man/man1/.

とすると
man nkf
でマニュアルが表示できる
[PR]
by sato025 | 2005-07-20 11:36 | Mac & Setup
nkfインストール
curl -O http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~kono/nkf/dist/nkf203.tar
tar -xf nkf203.tar
cd nkf203
make CFLAGS=-O2
make test
sudo cp nkf /usr/local/bin
sudo cp nkf /usr/local/bin
sudo cp nkf.1 /usr/local/man/man1
[PR]
by sato025 | 2005-07-07 00:06 | Mac & Setup
PostgreSQL 手動インストール
バージョンアップを手動で実施。

ソースの展開
/usr/local/src/
にて
tar xfz postgresql-7.4.8.tar.gz
解凍完了後
cd postgresql-7.4.8
通常ユーザのまま
./configure --with-perl -prefix=/usr/local
(prefixの指定は、もともとのバージョンで、コマンド等は、/usr/bin/以下にあったため、この指定で上書きする)

sudo make
sudo make install

前のを一旦消したければ・・・
元コマンド類の場所を探す
which pg_ctl
例えば /usr/local/bin/pg_ctl
だったら、
./configure --with-perl -prefix=/usr/local
として
sudo make clean
sudo make uninstall
で消えます。
./configure --with-perl -prefix=/usr/local/pgsql
としてmake とかすると /usr/local/pgsqlのしたに、psql などのコマンドが
/usr/local/pgsql/bin/psql
といった場所にできあがる。

まえのデータは、
/usr/local/pgsql /data
にあるから、バージョンアップ後、postmasterの起動を
/usr/loca/bin/

pg_ctl start -D /usr/local/pgsql/data
で起動完了
[PR]
by sato025 | 2005-07-06 01:47 | Mac & Setup
|
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();