mytips.exblog.jp ブログトップ

タグ:OSX ( 34 ) タグの人気記事
mediawikiをOSXにインストールする。自分専用のwikipediaを欲しいので、ローカル環境に構築する準備
Wikipediaのデータを活用したいが、Fetch(クローリング)しすぎると怒られます。
情報の時間的差異は、若干あるものの、データを活用するために、自分専用のWikipediaを作ってみる。

まず、ベースとなるmediawikiをインストール。

portライブラリに存在しているので、portでインストールする
Port

----------------------------------------

sudo port install mediawiki

ImageMagickやaspellなどおもしろそうなツールがグイグイインストールされていきます。
個々に興味深いツールなので、インストールログを後述。

インストールが終わると、ここにできます。
/opt/local/www/data/mediawiki

自分の設定に書き換えて行くので、あとから戻す用に、ちょとコピーしておく
cp -r /opt/local/www/data/mediawiki ~/Documents/backup/Initial_state_mediawiki
(27.4MB)

メモを残しておきます。
echo 'mediawiki - original path : /opt/local/www/data/mediawiki' >> ~/Documents/backup/readme.txt


ローカル環境に複数の開発サーバを置いているので、自分のdocument rootの設定に合わせて、mediawikiを設置していきます。
(ドメインは、てきとうです)
mkdir /opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp


portでインストールしたmediawikiディレクトリにシンボリックリンクをはる
ln -s /opt/local/www/data/mediawiki /opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp/htdocs


apacheのconfigでV-hosts設定を追加する。
自分のところへいったんコピー
cp /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf ~/httpd-vhosts.conf

httod-vhosts.confに追記する----------------------

ServerAdmin webmaster@localhost
DocumentRoot "/opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp/htdocs"
ServerName mediawiki.excite.co.jp
ErrorLog "logs/error_log"
CustomLog "logs/access_log" combined

----------------------------------------------------------------

元のファイルに上書き
sudo cp ~/httpd-vhosts.conf /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

configテストする
apachectl configtest

リスタートする
sudo apachectl restart

hostsに追記する
sudo vi /etc/hosts

127.0.0.1 mywikipedia.jp

ブラウザで http://mywikipedia.jp にアクセスする

以上。


===================================
mediawikiでおもしろそうなツールが入ったので、インストールログを転記。
===================================
---> Fetching ImageMagick
---> Attempting to fetch ImageMagick-6.4.5-7.tar.bz2 from http://image_magick.veidrodis.com/image_magick/
---> Verifying checksum(s) for ImageMagick
---> Extracting ImageMagick
---> Configuring ImageMagick
---> Building ImageMagick with target all
---> Staging ImageMagick into destroot
---> Installing ImageMagick 6.4.5-7_0+q16
---> Activating ImageMagick 6.4.5-7_0+q16
---> Cleaning ImageMagick
---> Fetching lzmautils
---> Attempting to fetch lzma-4.32.7.tar.gz from http://tukaani.org/lzma/
---> Verifying checksum(s) for lzmautils
---> Extracting lzmautils
---> Configuring lzmautils
---> Building lzmautils with target all
---> Staging lzmautils into destroot
---> Installing lzmautils 4.32.7_0
---> Activating lzmautils 4.32.7_0
---> Cleaning lzmautils
---> Fetching texinfo
---> Attempting to fetch texinfo-4.13.tar.lzma from http://ftp.gnu.org/gnu/texinfo
---> Verifying checksum(s) for texinfo
---> Extracting texinfo
If you get an error with configure, please install/activate lzmautils.
---> Configuring texinfo
---> Building texinfo with target all
---> Staging texinfo into destroot
---> Installing texinfo 4.13_0
---> Activating texinfo 4.13_0
---> Cleaning texinfo
---> Fetching aspell
---> Attempting to fetch aspell-0.60.6.tar.gz from http://ftp.gnu.org/gnu/aspell
---> Verifying checksum(s) for aspell
---> Extracting aspell
---> Applying patches to aspell
---> Configuring aspell
---> Building aspell with target all
---> Staging aspell into destroot
---> Installing aspell 0.60.6_1+macosx
******************************************************************
You must install (at least) one of the language dictionaries after
installing this port in order for it to work.
******************************************************************
---> Activating aspell 0.60.6_1+macosx
---> Cleaning aspell
---> Fetching libpixman
---> Attempting to fetch pixman-0.12.0.tar.bz2 from http://www.x.org/pub/individual/lib/
---> Verifying checksum(s) for libpixman
---> Extracting libpixman
---> Configuring libpixman
---> Building libpixman with target all
---> Staging libpixman into destroot
---> Installing libpixman 0.12.0_1
---> Activating libpixman 0.12.0_1
---> Cleaning libpixman
---> Fetching render
---> Verifying checksum(s) for render
---> Extracting render
---> Configuring render
---> Building render with target all
---> Staging render into destroot
---> Installing render 0.9.2_0
---> Activating render 0.9.2_0
---> Cleaning render
---> Fetching xorg-renderproto
---> Attempting to fetch renderproto-0.9.3.tar.bz2 from http://www.x.org/pub/individual/proto/
---> Verifying checksum(s) for xorg-renderproto
---> Extracting xorg-renderproto
---> Configuring xorg-renderproto
---> Building xorg-renderproto with target all
---> Staging xorg-renderproto into destroot
---> Installing xorg-renderproto 0.9.3_0
---> Activating xorg-renderproto 0.9.3_0
---> Cleaning xorg-renderproto
---> Fetching xrender
---> Attempting to fetch libXrender-0.9.0.tar.bz2 from http://xlibs.freedesktop.org/release/
---> Verifying checksum(s) for xrender
---> Extracting xrender
---> Configuring xrender
---> Building xrender with target all
---> Staging xrender into destroot
---> Installing xrender 0.9.0_3
---> Activating xrender 0.9.0_3
---> Cleaning xrender
---> Fetching cairo
---> Attempting to fetch cairo-1.8.4.tar.gz from http://cairographics.org/releases/
---> Verifying checksum(s) for cairo
---> Extracting cairo
---> Configuring cairo
---> Building cairo with target all
---> Staging cairo into destroot
---> Installing cairo 1.8.4_0+macosx
---> Activating cairo 1.8.4_0+macosx
---> Cleaning cairo
---> Fetching ghostscript
---> Attempting to fetch ghostscript-8.63.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/ghostscript
---> Attempting to fetch ghostscript-fonts-std-8.11.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/gs-fonts
---> Attempting to fetch ghostscript-fonts-other-6.0.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/gs-fonts
---> Verifying checksum(s) for ghostscript
---> Extracting ghostscript
---> Applying patches to ghostscript
---> Configuring ghostscript
---> Building ghostscript
---> Staging ghostscript into destroot
---> Installing ghostscript 8.63_0
---> Activating ghostscript 8.63_0
---> Cleaning ghostscript
---> Fetching jasper
---> Attempting to fetch jasper-1.900.1.zip from http://www.ece.uvic.ca/~mdadams/jasper/software/
---> Verifying checksum(s) for jasper
---> Extracting jasper
---> Applying patches to jasper
---> Configuring jasper
---> Building jasper with target all
---> Staging jasper into destroot
---> Installing jasper 1.900.1_1+darwin_9
---> Activating jasper 1.900.1_1+darwin_9
---> Cleaning jasper
---> Fetching jbigkit
---> Attempting to fetch jbigkit-1.6.tar.gz from http://www.cl.cam.ac.uk/~mgk25/download/
---> Verifying checksum(s) for jbigkit
---> Extracting jbigkit
---> Applying patches to jbigkit
---> Configuring jbigkit
---> Building jbigkit with target all
---> Staging jbigkit into destroot
---> Installing jbigkit 1.6_0
---> Activating jbigkit 1.6_0
---> Cleaning jbigkit
---> Fetching lcms
---> Attempting to fetch lcms-1.17.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/lcms
---> Verifying checksum(s) for lcms
---> Extracting lcms
---> Configuring lcms
---> Building lcms with target all
---> Staging lcms into destroot
---> Installing lcms 1.17_0
---> Activating lcms 1.17_0
---> Cleaning lcms
---> Fetching mediawiki
---> Attempting to fetch mediawiki-1.12.0.tar.gz from http://download.wikimedia.org/mediawiki/1.12/
---> Verifying checksum(s) for mediawiki
---> Extracting mediawiki
---> Configuring mediawiki
---> Building mediawiki with target all
---> Staging mediawiki into destroot
---> Installing mediawiki 1.12.0_0
---> Activating mediawiki 1.12.0_0
---> Cleaning mediawiki
[PR]
by sato025 | 2008-11-20 12:13
OSX crontab (ver 10.4 と ver 10.5 Leopardと違うぞ!?)
ログインしたユーザのまま
crontab -e
とするとviでファイルが開く
(実体ファイルは「/private/var/cron/tabs/俺のID 」

--------------------------------
10.5 Leopardでは、
/usr/lib/cron/tabs/[おれのID]
に変わったようだ。
OSのアップデート後、そのままではcronが動かないようなので、sudo で既存ファイルを移動
---------------------------------


## hoge sh
*/3 * * * * /Users/[おれ]/hoge/hoge.sh

3分ごとにhoge.shを実行
[PR]
by sato025 | 2007-10-03 01:13
Macport コマンド例
Macportsのソース類のディレクトリ
/opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports
ちなみに今の状態で43MB


自身のアプリケーションをupdate
sudo port selfupdate
sudo port -d selfupdate ( -dを付けると詳細の進行を表示)
-------------------------------------
データベースの更新
sudo port -d sync
-------------------------------------
検索
port search "*tool*"
port search "*mysql*"
-------------------------------------
可能なオプションを表示
port variants mysql5
コマンドラインから実行可能なオプションの組み合わせを見る事ができる。
これ以外のオプションは、configueなどを読んでスクリプトを見ればできなくはない。
-------------------------------------
依存関係の確認
port deps mysql5
インストール前に見る場合。
-------------------------------------
port installed
-------------------------------------
port outdated
※インストール済みのバージョンと、最新版のバージョンの比較が一覧できる
-------------------------------------
port upgrade mysql5
-------------------------------------
sudo port install mysql5 +universal
-------------------------------------
sudo port uninstall mysql5
-------------------------------------


http://masken.jp/archives/000165.html

http://lapangan.net/darwinports/index.php?HowTo%2FUseMacPorts
---------------------------
インストール
sudo port install postgresql82
---------------------------
インストール済みモジュール一覧
/opt/local/bin/port
こんなところにあるけど
port installed

---------------------------

モジュール検索
port search "*tool*"
port search "*"

variants バリアント(オプション)を見る。
利用可能なオプションが見られる。
port variants postgresql82

例えば、
port installed


php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite (active)

となっているものに、postgresを追加したい

port install php5 +apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite+postgresql

とか。


インストールが完了しただけでは、アクティブにならない

activeにするには
$sudo port activate php5
---> Activating php5
---> The following versions of php5 are currently installed:
---> php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx
---> php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite (active)
---> php5 @5.2.4_1+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+postgresql+sqlite

※複数あるので、効かない。。

一回、現在activeのパッケージをdeactiveateする

sudo port deactivate php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite

続いて
sudo port activate php5 @5.2.4_1+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+postgresql+sqlite

でactiveteを切り替えてapacheリスタート

sudo apachectl restart
[PR]
by sato025 | 2007-09-23 00:25
osx vpn覚え書き
1. Macアドレスで、LAN側利用マシンのIPを固定IPに設定
2.ローカルサーバUDP(500 to 500)を固定IPで指定したIPに設定
[PR]
by sato025 | 2007-07-10 01:11
Macports

dmgでmacportをインストール

パスを通す

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

を ~/.bash_profile に追記(ふつうは ~/bashrcかな)

mysql5をインストール
port install mysql5 +server

スタートアップに登録
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

sudo -u mysql mysql_install_db5
[PR]
by sato025 | 2007-07-06 01:04
CVS セットアップ (OSX)
Webサーバのコンテンツ、モジュールをCVS管理の対象とする(と仮定すると)

まず、シェルのセットアップ
vi ~/.bash_profile
export CVSROOT=$HOME/CVSROOT
この1行を追加
保存して再読み込み
soruce ~/.bash_profile

リポジトリディレクトリを作成
mkdir ~/cvsroot
初期化
cvs init
すると~/cvsroot/CVSROOTができあがる
なぜ~/cvsrootの下にできるのか、不明だ・・・。

自分のWebサーバの開発用コンテンツは、
/Library/WebServer/Documents/jp
にあるので、(つまり webseverのdocument rootが /Library/WebServer/Documents/jpにしているから)
cd /Library/WebServer/Documents/jp
と移動して
cvs import -m "WWW Contents" jp [おれのアカウント] first
※jpと登録するディレクトリjpの中へ移動しておくのがポイント。


参考
http://homepage3.nifty.com/toralu/MEMO/cvs1.html

システム独自のファイルは除外したいので
~/cvsroot/CVSROOT
以下に
cvsignore
というファイルをつくって、以下の内容を書いておく
--------------------

*.app
*.build
*.pbxindex
*.pbxuser
.DS_Store
--------------------

cvs import でうまくいかなければ cd ~/cvsroot 以下にできたプロジェクトディレクトリを消してしまう。(ここではjp)
また、実作業ディレクトリにできた CVSのディレクトリを削除して元に戻す
find ./ -name "CVS"|xargs rm -r
とか。
自分しか使わないから、うまくいかなきゃ、消したり初期化したり・・・気楽にリトライ。
[PR]
by sato025 | 2006-12-11 00:46
OSX PHP - mbstring マルチバイトを利用できように変更
--enable-mbstring
configurationにこれを加える。
日本語を扱うなら、ほぼ必須の設定


phpinfo();
?>
のページで表示される

上から3つめの欄
「Configure Command」
で現在のコンフィグを確認できる。

mbstringを加えた現在の設定は以下。



./configure --with-pgsql=/usr/local/pgsql --with-apxs --prefix=/usr/local/php5 --with-dom=/usr/local --with-xml --with-mysql=/usr/local/mysql --with-zlib --enable-sqlite-utf8 --enable-mbstring --with-libmbfl
[PR]
by sato025 | 2006-11-23 01:23
osx pear モジュールの場所
/usr/local/php5/lib/php
[PR]
by sato025 | 2006-08-06 01:11
OSX php5(ver 5.1.4)インストールまとめ
ソースからインストールしたが、configureは、とりあえず

./configure
--with-pgsql=/usr/local/pgsql
--with-apxs
--prefix=/usr/local/php5
--with-dom=/usr/local
--with-xml
--with-mysql=/usr/local/mysql
--with-zlib
--enable-sqlite-utf8

重要なのは、prefix
/usr/local
ではphp.iniが/usr/local/lib/以下になってしまい、どういう訳か、/usr/local/lib/php.iniを配置しても読み込まれなった。
元々インストールしてあった、php4関連ファイルを全部deleteしたせいか??
(あれこれ、インストールを度重ね、あっちこっちにphp, mysql,pear,pgsqlが散乱したため、今回PHP関連ファイルを軒並み削除した結果。)

どうも、prefix=/usr/loca/php5の指定を実行しているサイトがおおいようなので、すべて削除して再インストールしたらうまくいきました。
binのパスも ~/.bash_profile に php5/binを追加

もしかするとprefixを指定しない(デフォルト)状態だとphp5へインストールされるのかもしれない。今度ためしてみよう
[PR]
by sato025 | 2006-08-05 02:21
php configure
./configure --with-pgsql=/usr/local/pgsql --with-apxs --prefix=/usr/local --with-dom=/usr/local --with-xml --with-mysql=/usr/local/mysql --with-zlib --enable-sqlite-utf8

apxsは、apach?

mysql は mysql のHPからOSX版のバイナリでインストールした。
phpのconfigureでエラーがでてハマッタが、結局 /usr/local/mysqlいったん移動させ、再インストールした。
再度インストールすると
/usr/local/mysql

/usr/loca/mysql-standard-5.0.22-osx10.3-powerpc
へのリンクとなる。(これが正しい状態)

そのご、phpをconfigureは正常にいった。
[PR]
by sato025 | 2006-08-04 00:10
|
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();