人気ブログランキング |
mytips.exblog.jp ブログトップ

タグ:port ( 7 ) タグの人気記事
php の zlib
mac portでphp5をUpdateしたら、openxで必要なzlibが使えない状態になっていた。

php5のvariantsで追加指定するのではなく、個別のportパッケージでインストールする。

port search "*zlib*"
検索してみた

sudo port install php5-zlib
インストール

sudo apachectl restart
リスタート
by sato025 | 2009-08-26 10:08
mediawikiをOSXにインストールする。自分専用のwikipediaを欲しいので、ローカル環境に構築する準備
Wikipediaのデータを活用したいが、Fetch(クローリング)しすぎると怒られます。
情報の時間的差異は、若干あるものの、データを活用するために、自分専用のWikipediaを作ってみる。

まず、ベースとなるmediawikiをインストール。

portライブラリに存在しているので、portでインストールする
Port

----------------------------------------

sudo port install mediawiki

ImageMagickやaspellなどおもしろそうなツールがグイグイインストールされていきます。
個々に興味深いツールなので、インストールログを後述。

インストールが終わると、ここにできます。
/opt/local/www/data/mediawiki

自分の設定に書き換えて行くので、あとから戻す用に、ちょとコピーしておく
cp -r /opt/local/www/data/mediawiki ~/Documents/backup/Initial_state_mediawiki
(27.4MB)

メモを残しておきます。
echo 'mediawiki - original path : /opt/local/www/data/mediawiki' >> ~/Documents/backup/readme.txt


ローカル環境に複数の開発サーバを置いているので、自分のdocument rootの設定に合わせて、mediawikiを設置していきます。
(ドメインは、てきとうです)
mkdir /opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp


portでインストールしたmediawikiディレクトリにシンボリックリンクをはる
ln -s /opt/local/www/data/mediawiki /opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp/htdocs


apacheのconfigでV-hosts設定を追加する。
自分のところへいったんコピー
cp /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf ~/httpd-vhosts.conf

httod-vhosts.confに追記する----------------------

ServerAdmin webmaster@localhost
DocumentRoot "/opt/local/apache2/mylocal/mywikipedia.jp/htdocs"
ServerName mediawiki.excite.co.jp
ErrorLog "logs/error_log"
CustomLog "logs/access_log" combined

----------------------------------------------------------------

元のファイルに上書き
sudo cp ~/httpd-vhosts.conf /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

configテストする
apachectl configtest

リスタートする
sudo apachectl restart

hostsに追記する
sudo vi /etc/hosts

127.0.0.1 mywikipedia.jp

ブラウザで http://mywikipedia.jp にアクセスする

以上。


===================================
mediawikiでおもしろそうなツールが入ったので、インストールログを転記。
===================================
---> Fetching ImageMagick
---> Attempting to fetch ImageMagick-6.4.5-7.tar.bz2 from http://image_magick.veidrodis.com/image_magick/
---> Verifying checksum(s) for ImageMagick
---> Extracting ImageMagick
---> Configuring ImageMagick
---> Building ImageMagick with target all
---> Staging ImageMagick into destroot
---> Installing ImageMagick 6.4.5-7_0+q16
---> Activating ImageMagick 6.4.5-7_0+q16
---> Cleaning ImageMagick
---> Fetching lzmautils
---> Attempting to fetch lzma-4.32.7.tar.gz from http://tukaani.org/lzma/
---> Verifying checksum(s) for lzmautils
---> Extracting lzmautils
---> Configuring lzmautils
---> Building lzmautils with target all
---> Staging lzmautils into destroot
---> Installing lzmautils 4.32.7_0
---> Activating lzmautils 4.32.7_0
---> Cleaning lzmautils
---> Fetching texinfo
---> Attempting to fetch texinfo-4.13.tar.lzma from http://ftp.gnu.org/gnu/texinfo
---> Verifying checksum(s) for texinfo
---> Extracting texinfo
If you get an error with configure, please install/activate lzmautils.
---> Configuring texinfo
---> Building texinfo with target all
---> Staging texinfo into destroot
---> Installing texinfo 4.13_0
---> Activating texinfo 4.13_0
---> Cleaning texinfo
---> Fetching aspell
---> Attempting to fetch aspell-0.60.6.tar.gz from http://ftp.gnu.org/gnu/aspell
---> Verifying checksum(s) for aspell
---> Extracting aspell
---> Applying patches to aspell
---> Configuring aspell
---> Building aspell with target all
---> Staging aspell into destroot
---> Installing aspell 0.60.6_1+macosx
******************************************************************
You must install (at least) one of the language dictionaries after
installing this port in order for it to work.
******************************************************************
---> Activating aspell 0.60.6_1+macosx
---> Cleaning aspell
---> Fetching libpixman
---> Attempting to fetch pixman-0.12.0.tar.bz2 from http://www.x.org/pub/individual/lib/
---> Verifying checksum(s) for libpixman
---> Extracting libpixman
---> Configuring libpixman
---> Building libpixman with target all
---> Staging libpixman into destroot
---> Installing libpixman 0.12.0_1
---> Activating libpixman 0.12.0_1
---> Cleaning libpixman
---> Fetching render
---> Verifying checksum(s) for render
---> Extracting render
---> Configuring render
---> Building render with target all
---> Staging render into destroot
---> Installing render 0.9.2_0
---> Activating render 0.9.2_0
---> Cleaning render
---> Fetching xorg-renderproto
---> Attempting to fetch renderproto-0.9.3.tar.bz2 from http://www.x.org/pub/individual/proto/
---> Verifying checksum(s) for xorg-renderproto
---> Extracting xorg-renderproto
---> Configuring xorg-renderproto
---> Building xorg-renderproto with target all
---> Staging xorg-renderproto into destroot
---> Installing xorg-renderproto 0.9.3_0
---> Activating xorg-renderproto 0.9.3_0
---> Cleaning xorg-renderproto
---> Fetching xrender
---> Attempting to fetch libXrender-0.9.0.tar.bz2 from http://xlibs.freedesktop.org/release/
---> Verifying checksum(s) for xrender
---> Extracting xrender
---> Configuring xrender
---> Building xrender with target all
---> Staging xrender into destroot
---> Installing xrender 0.9.0_3
---> Activating xrender 0.9.0_3
---> Cleaning xrender
---> Fetching cairo
---> Attempting to fetch cairo-1.8.4.tar.gz from http://cairographics.org/releases/
---> Verifying checksum(s) for cairo
---> Extracting cairo
---> Configuring cairo
---> Building cairo with target all
---> Staging cairo into destroot
---> Installing cairo 1.8.4_0+macosx
---> Activating cairo 1.8.4_0+macosx
---> Cleaning cairo
---> Fetching ghostscript
---> Attempting to fetch ghostscript-8.63.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/ghostscript
---> Attempting to fetch ghostscript-fonts-std-8.11.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/gs-fonts
---> Attempting to fetch ghostscript-fonts-other-6.0.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/gs-fonts
---> Verifying checksum(s) for ghostscript
---> Extracting ghostscript
---> Applying patches to ghostscript
---> Configuring ghostscript
---> Building ghostscript
---> Staging ghostscript into destroot
---> Installing ghostscript 8.63_0
---> Activating ghostscript 8.63_0
---> Cleaning ghostscript
---> Fetching jasper
---> Attempting to fetch jasper-1.900.1.zip from http://www.ece.uvic.ca/~mdadams/jasper/software/
---> Verifying checksum(s) for jasper
---> Extracting jasper
---> Applying patches to jasper
---> Configuring jasper
---> Building jasper with target all
---> Staging jasper into destroot
---> Installing jasper 1.900.1_1+darwin_9
---> Activating jasper 1.900.1_1+darwin_9
---> Cleaning jasper
---> Fetching jbigkit
---> Attempting to fetch jbigkit-1.6.tar.gz from http://www.cl.cam.ac.uk/~mgk25/download/
---> Verifying checksum(s) for jbigkit
---> Extracting jbigkit
---> Applying patches to jbigkit
---> Configuring jbigkit
---> Building jbigkit with target all
---> Staging jbigkit into destroot
---> Installing jbigkit 1.6_0
---> Activating jbigkit 1.6_0
---> Cleaning jbigkit
---> Fetching lcms
---> Attempting to fetch lcms-1.17.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/lcms
---> Verifying checksum(s) for lcms
---> Extracting lcms
---> Configuring lcms
---> Building lcms with target all
---> Staging lcms into destroot
---> Installing lcms 1.17_0
---> Activating lcms 1.17_0
---> Cleaning lcms
---> Fetching mediawiki
---> Attempting to fetch mediawiki-1.12.0.tar.gz from http://download.wikimedia.org/mediawiki/1.12/
---> Verifying checksum(s) for mediawiki
---> Extracting mediawiki
---> Configuring mediawiki
---> Building mediawiki with target all
---> Staging mediawiki into destroot
---> Installing mediawiki 1.12.0_0
---> Activating mediawiki 1.12.0_0
---> Cleaning mediawiki
by sato025 | 2008-11-20 12:13
大変わかりづらい、portsのインストールオプション関係のメモ書き
正式に正しいやり方かどうか分からないが、こねくり回して判明したインストールオプションの指定方法

手動でmakeやmake installならばドキュメントに書かれたオプション設定の方法が通用するが、パッケージ管理アプリケーションportでインストールする場合、どこにオプション指定すれば適用されるのかが、非常に分かりづらい。

時間をかけてじっくりしらべると(それなりに)ちゃんとした方法が用意されている。

----------------------------------------
php5を例に
----------------------------------------

まず、Makefileをちゃんとよむ。
/usr/ports/lang/php5/Makefile
(phpの場合 APACHE "Build Apache module" off をonに編集するのは必須)

Makefileで WITH_APACHE など大文字で書かれは部分は変数になっており、この変数の設定は、
/usr/local/etc/pkgtools.conf
で行うので、Makefileはいじらない。
Makefileでは、後半のスクリプトを確認し、それ以外のオプション設定を前半部分にあるCONFIGURE_ARGS部分に追記する
今回は下記の用に変更した
openssl , mysql , mbstring , domを加えた

CONFIGURE_ARGS= \
--with-layout=GNU \
--with-config-file-scan-dir=${PREFIX}/etc/php \
--disable-all \
--enable-libxml \
--with-libxml-dir=${LOCALBASE} \
--enable-reflection \
--program-prefix="" \
--with-openssl \
--with-mysql \
--enable-mbstring \
--with-dom



終わったら前述で説明した
/usr/local/etc/pkgtools.conf
を編集する
MAKE_ARGS
の部分を探し、ここでの設定はMakefileの大文字部分の変数の値を決める事ができるので、MakefileのCONFIGURE_ARGSで追加した以外のオプションを決める。
つまりMAKE_ARGSの値は、インストールスクリプトであらかじめ想定された条件分岐が用意されていて、それ以外は、Makefileを自分でアレンジする(ってこと??)

portsディレクトリの適応ディレクトリを宣言し、変数に値をセットする書式。
対になるカッコやコンマに注意。(間違えてもエラーメッセージがでるので、試行錯誤しながら調整)

MAKE_ARGS = {
'databases/mysql51-server' => [
'WITH_XCHARSET=all',
],
'lang/php5' => [
'WITH_APACHE=yes',
'APXS=/usr/local/sbin/apxs',
'WITH_DEBUG=yes',
'WITH_MULTIBYTE=yes',
]
}

php5に
apacheで使えるようにし
apache extentionsのディレクトリを指定し
デバッグモードを有効にし
マルチバイトを有効にし
を加えた(Makefileとmbstringの設定が重複してるかな??)

以上。

オプションを指定し直し、再インストールする場合
portupgrade -f lang/php5
らしいけど、ちゃんと更新されない気がする。だめなら、消して再インストールが早いかも。
by sato025 | 2008-10-29 12:50 | FreeBSD
FreeBSD7にphp + mysqlをportでセットアップ


バリアント(オプション)の設定などに、クセがあるのでconfigファイルへの書き込みなどを事前に行ってからportinstallする必要があります。
さらにphpのインストールは、驚くことにconfigを編集しないと、apacheで利用できない設定がデフォルトになっています。

1)phpをapacheで使うことを設定する
phpのMakefileを編集(orgをコピーしておくこと)
vi /usr/ports/lang/php5/Makefile

OPTIONS= の中の
APACHE "Build Apache module" off

APACHE "Build Apache module" on
に変更

備考-----------------------
portsのソースのある場所を検索する方法
cd /usr/ports
make search name=apache
など
----------------------

■apache22のインストール
su
cd /usr/ports
portinstall www/apache22

起動を設定
echo 'apache22_enable="YES" >> /etc/rc.conf
echo 'apache22_http_accept_enable="YES"' >> /etc/rc.conf

httpd.confを編集
バックアップしておく
cp /usr/local/etc/apache22/httpd.conf /usr/local/etc/apache22/httpd.conf.org
vi /usr/local/etc/apache22/httpd.conf

それぞれ別の行なので、ディレクティブを確認して適切な場所に下の2行を書き込む
AddType application/x-httpd-php .php
DirectoryIndex index.php index.html index.htm


■php5のインストール
portinstall lang/php5

●php.iniを設定(コメントを外すなど)
バックアップ
cp /usr/local/etc/php.ini-recommended /usr/local/etc/php.ini

変更箇所
display_errors = On
include_path = ".:/usr/local/share/pear:/usr/local/www/apache22/data/libs" (←自分の設定で)
allow_url_include = On
(↑モバイル版 Google Adsenseを使う場合、ネット越しのphpを読み込むので)

mbstring.language = Japanese
(↑クエリーパラメータでエンコードした日本語がある場合の内部処理の挙動が変わります。)
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = 12307;




■phpエクステンションをインストール
これでmysqlと連携できる

cd /usr/ports
portinstall lang/php5-extensions

終わったら

vi /var/db/ports/php5-extensions/options
として
WITH_MYSQL=true
を確認

■mysql初期化
cd /usr/local/bin
./mysql_install_db
cd /var/db
chown -R mysql:mysql mysql
起動設定
echo 'mysql_enable="YES"' >> /etc/rc.conf

configをつくる
cp /usr/local/share/mysql/my-medium.cnf /usr/local/etc/my.cnf
chmod 644 /usr/local/etc/my.cnf
by sato025 | 2008-10-29 12:31 | FreeBSD
FreeBSD Ver7 パッケージ関係
portの更新。cvsupはもう使わない

portの更新をする場合、
cvsup -g -L 2 /root/ports-supfile
は、すにで古いやり方だそうだ。

proxy経由などの問題を解消したportsnapを使う


/usr/sbin/portsnap

まず更新対象に、利用の想定が付かない「韓国」「ロシア」言語圏のモジュールをキャンセルしておく

/etc/portsnap.conf

japanaseの文字列を削除して「#」コメントアウトを外す。
REFUSE arabic chinese french german hebrew hungarian
REFUSE korean polish portuguese russian ukrainian vietnamese


コマンドここから

portsnap fetch
portsnap extract (初回利用時のみ)
portsnap update

以降は
portsnap fetch && portsnap update
でメンテナンスしていく


PORTSNAP_UPDATE=yes
これをportsnap.confに書き加えるとアップデートfetchとupdateが自動で実行されるようになる。が、別にたいしたこと無い手間なので入れない。



FreeBSD アップデートやport、pkg関係のコマンド


■FreeBSDセキュリティーアップデート
freebsd-update fetch
freebsd-update install

■インストール済みパッケージ
pkg_info -aI
(portversion -v バージョンの状態確認。最新版があるかどうか調べてくれる)

■インストール済みパッケージの削除
(pkg_info -al コマンドで表示されるバージョン情報でアンインストールするモジュール名を指定する必要がある)
pkg_deinstall mysql-client-5.0.67
依存関係もアンインストール
pkg_deinstall -r mysql-client-5.0.67


■パッケージの更新
portupgradeコマンドを実行しますが、まずこのコマンドをインストール

portinstall sysutils/portupgrade
↑ではだめです。
手動でmake & install

su
cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
make install clean
新規の場合/usr/local/sbinのパスを認識してないかもしれないので、ターミナルをリセット(rehash)

whereis portupgrade
として認識しているはず

■portの検索
cd /usr/ports
make search name=autoconf



■portsの不要ファイルの削除

portsclean -C
portsディレクトリのworkディレクトリ内を消す


portsclean -D
古いバージョンを消す


portsclean -P
旧バージョンのpackageを消す
------------------------

pkg_info
portversion -v


依存関係も消す
pkg_deinstall -r mysql-client-5.0.67

clientが先
devel/make++
vi /usr/local/etc/pkgtools.conf

pkg_deinstall php5-5.2.6_2
portinstall lang/php5

-------------
■参考にしたページ
http://freebsd.fkimura.com/freebsd-install7-a0.html
http://www.nw.is.kyusan-u.ac.jp/xoops/modules/bwiki/index.php?FreeBSD%2FBasicSetup
http://iris.homeunix.net/yayoi/freebsd/inst/portupgrade.asp
http://www.toshikazu.org/archives/000084.html
http://www.toshikazu.org/archives/000085.html
http://okwave.jp/qa4105777.html
http://misfits.wordpress.com/freebsd-memo/freebsd-62r-05-httpd-php-mysql/
by sato025 | 2008-10-10 18:35 | FreeBSD
Macport コマンド例
Macportsのソース類のディレクトリ
/opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports
ちなみに今の状態で43MB


自身のアプリケーションをupdate
sudo port selfupdate
sudo port -d selfupdate ( -dを付けると詳細の進行を表示)
-------------------------------------
データベースの更新
sudo port -d sync
-------------------------------------
検索
port search "*tool*"
port search "*mysql*"
-------------------------------------
可能なオプションを表示
port variants mysql5
コマンドラインから実行可能なオプションの組み合わせを見る事ができる。
これ以外のオプションは、configueなどを読んでスクリプトを見ればできなくはない。
-------------------------------------
依存関係の確認
port deps mysql5
インストール前に見る場合。
-------------------------------------
port installed
-------------------------------------
port outdated
※インストール済みのバージョンと、最新版のバージョンの比較が一覧できる
-------------------------------------
port upgrade mysql5
-------------------------------------
sudo port install mysql5 +universal
-------------------------------------
sudo port uninstall mysql5
-------------------------------------


http://masken.jp/archives/000165.html

http://lapangan.net/darwinports/index.php?HowTo%2FUseMacPorts
---------------------------
インストール
sudo port install postgresql82
---------------------------
インストール済みモジュール一覧
/opt/local/bin/port
こんなところにあるけど
port installed

---------------------------

モジュール検索
port search "*tool*"
port search "*"

variants バリアント(オプション)を見る。
利用可能なオプションが見られる。
port variants postgresql82

例えば、
port installed


php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite (active)

となっているものに、postgresを追加したい

port install php5 +apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite+postgresql

とか。


インストールが完了しただけでは、アクティブにならない

activeにするには
$sudo port activate php5
---> Activating php5
---> The following versions of php5 are currently installed:
---> php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx
---> php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite (active)
---> php5 @5.2.4_1+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+postgresql+sqlite

※複数あるので、効かない。。

一回、現在activeのパッケージをdeactiveateする

sudo port deactivate php5 @5.2.3_0+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+sqlite

続いて
sudo port activate php5 @5.2.4_1+apache2+darwin_8+macosx+mysql5+pear+postgresql+sqlite

でactiveteを切り替えてapacheリスタート

sudo apachectl restart
by sato025 | 2007-09-23 00:25
Macports

dmgでmacportをインストール

パスを通す

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

を ~/.bash_profile に追記(ふつうは ~/bashrcかな)

mysql5をインストール
port install mysql5 +server

スタートアップに登録
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

sudo -u mysql mysql_install_db5
by sato025 | 2007-07-06 01:04
|
検索
タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Tool
from adgj.net wiki ..
Googleウェブマスタ..
from i yahoo i.com:..
[Mac] NAV fo..
from あるネットワーク管理者(よっ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


var gaJsHost = (("https:" == doc ument.loc ation.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");doc ument.write(unesc ape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));var pageTracker = _gat._getTracker("UA-103429-5");pageTracker._trackPageview();